ケースにもこだわって

印鑑ケースイメージ

突然ですが、印鑑は持っているだけでは役に立ちません。
「何を言っているんだこの人は」と思ったそこのあなた、私は事実を言ったまでのことです。

酔っ払っているわけでもありません。
もう一度言います、印鑑は持っているだけでは役に立ちません。
そう、「印鑑」は。

印鑑だけ持ち歩いたって、いざ使おうと思ってもそれだけでは使えません。
印鑑を使う時は、朱肉が必要じゃありませんか(笑)。

まぁ、印鑑を使う頻度の高い場所、銀行や郵便局などに行けばもれなく朱肉があるのが当たり前ですからわざわざ朱肉を持っていくことはありません。
印鑑ケースにほいっと入れて持って行けば万事スムーズに用事を済ませることが出来るでしょう。

印鑑ケースはどこにでも売っているようになりましたね。
はんこ売り場があるのならば、そこにケースも置いてあるのが当たり前です。

はんこあるところにケースあり、です。
印鑑ケースははんこと同じように、シンプルなものから凝ったものまで様々にありますが、私はやっぱりケースにもこだわってしまって、数年前には100円ショップで和風で女の子が好みそうなほのぼの雰囲気のケースを買いました。

それをつい最近まで使っていましたが、先日、久々にその印鑑ケースを開けたところ、朱肉がぐちゃぐちゃになってしまっていて、「これはもう使えないな」という状態になっちゃっていました…。
暑さに負けたのだろうか…。

今の印鑑ケースには、それが100円ショップのものだろうと朱肉がついているのが当たり前です。
まぁ当たり前な話は置いておいて、100円ショップでもかわいいケースは売ってますが、やっぱりはんこ売り場や雑貨屋さんなどにおいてあるケースとは違いますね。

「わー、これに私の印鑑を入れて歩きたい!」と思わせるケースには、やはりそれなりのオーラが放たれていますよ。
木製のケースや布を使っているガマ口型のケースなどなど…はんこ同様、見ていて全然飽きないんですよねぇ…。

あぁ、女の子で良かった(笑)! と、いうわけで。
新しい印鑑ケースを買わなくてはいけなくなった私でした。
お気に入りを探して、かつはんこ巡りを楽しできます!

ページの先頭へ